【クレジットカード3枚を選ぶ考え方】我が家の家計簿

・スポンサーリンク

2019年10月の消費増税から、キャッシュレス決済へ移った方も多いのではないでしょうか。

そこで、実例と一緒に我が家の3枚のクレジットカードの使い方をまとめました。

『どんなカードが、何枚あればいいの?』とお悩みの方へ、カード選びの参考になれば幸いです。

カード選びのポイントは、生活圏内で1番使えるお店が多いものからメインのカードを決め、用途別に3枚ほどまでに決めると管理もしやすいですよ。

①Yahooクレジットカード(還元率1%)(年会費無料)(JCB)

Yahooモバイルを使っている関係で、

Yahooクレジットカードをメインにお財布へ入れています。

食費・服飾費・レジャー費(誕生日などの特別費も)

⇨店頭でYahooカードで支払い。

web明細でざっくり食費・レジャー費・それ以外と分けて把握しています。

通信費(ケータイ代)

⇨Yahooカード払い

通販の利用

⇨ Yahooショッピングメインで、Yahooカード払い。楽天市場やamazon利用もYahooカードで支払い。(楽天市場は楽天カード、とした方がポイントお得ですが、明細を確認する手間を少なくするため、多少のポイント差は気にしません。

消耗品・おやつ代

⇨ PayPayを使えるドラッグストア・コンビニが多いので、YahooカードからチャージしたPayPayで、トイレットペーパーやオムツを買っています。

「ドラッグストア=消耗品、コンビニ=おやつ」と把握。

Yahooカードの中にPayPayのチャージ支払いも含まれているので、

これ1枚のweb明細を確認すれば、『家計の変動費』は一目で分かります。

Yahooカードで貯まるのはTポイント

Tポイントの使い道

⇨【ネオモバ】手数料220円(200ポイント還元されるので、実質20円)と、Tポイントだけで株の売り買いが出来るアプリを使っています。

毎月1200ポイントは貯まるので、ワンコイン(500円)以下の銘柄を探してコツコツ積み立てを楽しんでいます。

🔻関連記事〉〉ポイントだけで本物の資産運用が出来る【ネオモバ】のメリットhttps://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/reserved-investment-benefits/

②セゾンカード(還元率 0.5%※)(年会費無料)(American Express)

※1000円に付き1ポイントですが、Amazonギフトへの交換等で0.5%になります。(200ポイントでAmazonギフト1000円分に交換)

光熱費

⇨口座引き落とし専用です。

基本的に持ち歩いていません。

このカードは、数少ない『カードの名義本人とは別の名義の口座から引き落とし』が出来るカードです。(例えば、妻名義のカードで引き落としは夫の口座)

自営業で確定申告の際、光熱費の一部を経費にするため、夫名義で支払う必要があります。

家族カードを作れば楽なのですが、
夫がクレジットカードで不正利用にあってからそもそも作りたがらず…  私名義のカードを作りしかありませんでした(^_^;)

家計管理の都合上、自分のスマホで支出を把握したい・口座引き落としよりポイントでお得に支払いたい気持ちもあり、このカードを選んでいます。

セゾンカードの明細は全て『固定費(光熱費)』として把握します。

・スポンサーリンク

セゾンカードで貯まるのは『永久不滅ポイント』

還元率が低く、Amazonを利用しない方には使いづらい印象です。

※カード1000円利用に付き1ポイント、Amazonギフトへの交換等でやっと0.5%。(200ポイントでAmazonギフト1000円分に交換できます。)

永久不滅ポイントの使い道

他のカードに比べるとほんとに貯まらないので、『ポイント運用』のアプリを使って後は放置しています。その名の通り『永久不滅』で有効期限のない特徴を生かしたアプリだと思っています。

『ポイント運用』⇨自分で設定したコースの株価指数に応じて、ポイントも増減するサービス。【ネオモバ】と違い、本当に投資運用している訳ではなく、ポイントはポイントのままです。

🔻関連記事〉〉投資に興味がある!という方へ。30代から出来ること【積み立て投資】資産運用ついてhttps://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/reserved-investment-thirty/

③ビュー・スイカカード(還元率1.5 %※)(年会費 税抜477円)(JCB)

※オートチャージ、定期券購入で1.5%です。JREポイント加盟店のお買い物は1%、それ以外は0.5%。

※年会費477円ですが、web明細にすれば年600ポイント付きます。

交通費

⇨ Suicaへチャージする交通費専用カードとして利用。Suica一体になっていますが、ビューカードではなくSuicaの方を持ち歩いています。

1000円以下になると、3000円チャージされる『オートチャージ』を設定中。

金額を大きくすれば残高不足にはなりませんが、1ヶ月にいくら使ったか把握しにくくなるので、あえて少なくしています。

オートチャージが4回以上(3000円×4回=1万2000円)になると、自動販売機や駅の売店で買い物をし過ぎなので、次の月からの浪費を控える意識付けの目安になります。

ビューカードの明細は『交通費』として見ています。

ビューカードで貯まるのはJREポイント

ポイント交換のアプリで、他のポイントや商品券と交換できます。
もちろん、Suicaへ移してそのまま交通費として使うことも出来ます。

JREポイントの使い道

JREポイントは1ポイント=1円としてSuicaで使えるので、そのまま『交通費』としてSuicaへ移動、ポイント管理も手間いらずなのでおすすめです。

カードのブランドは何にすればいいの?

クレジットカードのブランドは、よく行くお店で使えるものにするか、メイン・サブで別ブランドにして「このお店では使えない』なんて時の予備として持っておくのもありだと思います。

私の場合、メインのYahooカードから『nanacoカード』へクレジットチャージのポイントをつけるために(JCB)ブランドに決定※、他の1枚は別のブランド(AmericanExpress)にしています。

※『nanacoカード』クレジットチャージのポイント付与は2020年2月で終了します。🔻詳しくはこちらをご覧くださいhttps://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/yahoo-creditcard-point/

 

少し古いデータですが、2017年の使用者数では

『VISA 55%、JCB 30%、MasterCard 12%』 でした。

海外旅行や、オリンピック観戦の予定がない方は、ポイント付与の条件・キャンペーン情報を比べて、お好きなブランドを選んでいいと思います。

私もサブカードはあまり考えずに決めてしまいましたが、幸い困る場面には今のところ遭遇していません。

2020年の東京オリンピック観戦される方は、オリンピックのスポンサーの事情で(VISA)ブランドしか使えないそうなので、注意してくださいね。

まとめ

変動費】 ⇨・Yahooカード&PayPay(web明細)で確認

固定費】 ⇨・セゾンカード(web明細)で確認

交通費】 ⇨・ビューカード(web明細)で確認

【その他固定費】⇨・口座引き落とし(通帳がそのまま家計簿代わり)

メインのカードは、生活圏内で1番使えるお店が多いものを決めて、
それをカバーするように用途別にサブのカードを選んでみてください。

管理の手間を省いて、『支出の見える化』のしやすいカードを厳選するのがポイントです

🔻関連記事〉〉支出の管理【5つの家計の見直し方】https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/five-household-review/

最後に

メインのYahooカードのブランドをJCBに変え理由、nanacoのクレジットチャージポイントが無くなってしまうがっかり事案がありましたが….

ポイントやキャンペーンに踊らされちゃいけないよって事かもしれませんね。

ポイント付与の条件や期間、還元率はものすごい数なので、それを追いかける時間の方がもったいない、なんて場合もあります。

お得な情報は嬉しいですが、もう少し選択肢が少ない方がありがたいような… 還元キャンペーンだらけで目が回ってしまいます。

スマホ決済の〇〇ペイも、だんだん数が絞られて使いやすい物が残っていくのでしょうか。まだまだ、キャッシュレス決済から目が離せません。

今回は、私個人の使いやすいカードを並べてみましたので、クレジットカードを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

皆さんにとって、『自分が使いやすい』1枚が見つかりますように。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

🔻関連記事〈〈【リボ払いにご注意を】残高が減らない高金利の仕組み【失敗談】https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/credit-card-revolving-payment/

・スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA