【リボ払いにご注意を】残高が減らない高金利の仕組み【クレジットカード失敗談】

スポンサーリンク

私はYahooカードをメインで使っていますが、明細を確認する際の『リボ払い』の名称が変わって、印象が柔らかくなっていることに違和感を感じています。

『学生ローン』『カードローン』もそうですが、『〇〇ローン』と聞くと、利用するハードルが低くなる印象です。『住宅ローン』を聞き慣れているからでしょうか? 

どちらも『ローン』という名前の借金ですが、金利を比べるとものすごい差があります。(住宅ローンは変動金利で1%以下、カードローン・リボ払いは平均15%!)

実際に、私自身リボ払いで苦い経験をしたので、キャッシュレス決済の普及を受けて『リボ払い』の落とし穴について、注意点をまとめました。

リボ払いの金利は消費者金融レベルの借金と同じ

少し前から、ただの『リボ払い変更』から、

・これだけスキップリボ(後からリボ)

まるごとフラットリボ(自動リボ)

と何だかフレンドリー?な名称に変わっています。

リボ払いって、1回で払い切れない額を、利子を付けて払い続ける借金です。

分割払いとリボ払いの違い

分割払い ⇨決まった手数料を取って分割する方法です。分割回数も限られているので、把握もしやすいと思います。

リボ払い ⇨毎月の支払い額を少なくすることが出来るために、利子がいくらで元金がとのくらい減っているのか、全体の金額が把握しずらいです。

特に、月々の返済額5000円などの少額で設定してしまうと、利子ばかり払って元金がいつまで経っても減らず、気が付くと完済まで何年もかかります。

リボ払いの金利

リボ払いの利子は、

Yahooカード︰年18%

楽天カード: 年15.0%

三井住友VISAカード: 年15.0%

・セゾンカード: 年14.6%

・アメリカン・エクスプレス︙年14.9%

利用者数の多いカードを見ると平均して年15%、これは消費者金融と同じくらいの高金利です。

リボ払いを利用した後悔と注意点(実体験)

完全に、自分自身の計画性の無さが原因でお恥ずかしい話ですが、実際にリボ払いで後悔した数年前のお話です。

以前、引っ越しで家具の買い替えに費用がかさみ、決めていた予算をオーバーしたにも関わらず、

引越しで舞い上がって月々5000円の設定でリボ払いを利用してしまいました。

その後も支払いが楽だからと、予算オーバーしているのに収納グッズ等を通販で買い、生活費の支払いにも、いつも通りクレジットカードを使っていました。

その結果、普段の生活費の支払い分も含め、5ヶ月後には48万円まで元金が膨らんでいました。

このまま月々5000円返済で、いつになったら払い終わるんだ…と気が遠くなりました。 

貯金があっても15%も利子のつくリボ払い(借金)があったら意味がない!と思い、本来なら生活防衛費として取って置いたお金で、一括返済をしました。

あの時、手元にあるお金が減ってでも一括返済をしたおかげで、これから先へ向けた家計作りが出来るようになったと思います。

その後、家計の見直しをしてから始めた『つみたてNISA』は、何十年も投資を続けた予想がリターンが3.84%〜(米国株式)ほど。

リボ払いで月々引かれていく15%がどれだけ大きいか、それを取り戻すのにどのくらいの時間がかかるかを考えると、安易に手を出すのは危険だということが分かります。

どうしても、という時は月々の支払額を低くしない(元金が減らない原因になります)、必ず残高を確認して残り何回の支払いで完済するのか把握をすることが重要です。

・スポンサーリンク

ご利用は計画的に

大きな買い物をして、少ない支払いですむメリットの向こうに、

利子ばかり払い続けて、元金が減らないまままたカードの利用を続けた結果、何年も支払いが終わらない『リボ地獄』に落ちる危険性がある事を忘れないでください。 

まとめてリボ』『これだけリボ』など、

どんなに聞こえの良い名称になったとしても、お得なキャンペーンを打ってでもお金を貸したい(それだけ儲かる)クレジット会社の思惑に乗って、無理なリボ払いの利用をしないよう気を付けていただきたいと思います。

私の場合は完全な自業自得でしたが、

皆さんも『リボ払いの利用』をしなくて済むように、月々の支出の把握、クレジットカードのご利用は計画的に、です。

🔻関連記事 〉〉【5つの家計の見直し方https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/five-household-review/

初期設定が『リボ払い』のクレジットカード

初期設定が『リボ払い』になっていて利用者数の多いカードはこちら⇨(ファミマTカード、P-one Wiz)

他に、『リボ払い専用カード』も存在するので、これからキャッシュレス生活だ!とクレジットカードの利用を考えている方は、よく確認をして、自分に合ったカードを見つけてくださいね。


最後に

クレジットカードをメインにした生活を送っているのに、リボ払いについては私自身の苦い経験があるため、カード会社を批判するような内容となってしまいました。

クレジットカードや電子マネーは、誰でも、確実に得をする決済方法です。

キャッシュレスにしたから損をした、お金を使っている実感がなくて使いすぎるというのは、全て自分の責任です。

便利な物をどう使いこなすのかをよく考えながら、私自身への自戒も込めて、『リボ払いにはご注意を!ご利用は計画的に。』です。

これからの時代、キャッシュレス決済と上手な付き合い方をしていきましょう。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

🔻関連記事〉〉【クレジットカード3枚を選ぶ考え方】〜我が家の家計簿〜https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/choose-a-credit-card/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA