【手作り恵方巻き】由来と作り方

恵方巻き

立春の前日、2月3日『節分の日』には色々な所で『恵方巻き』が店頭に並びます。

意外と知らない『恵方巻きの由来』と、お家で作れる簡単な作り方をまとめました。

今年は『手作り恵方巻き』で、節分の日を楽しんでみてください(*^^*)

シンプルな恵方巻きの作り方

恵方巻き3本分作れます。

酢飯の作り方 

ご飯 600g

(海苔3枚に対して、お茶碗 大盛り3杯

・酢50ml


・砂糖大さじ1と小さじ1


・塩ひとつまみ

先に酢飯を作って、冷ましておきます。

具材

・しいたけ(1パック) 


・玉ねぎ(1/2個) 


・人参(1/4本) 

上記3種類のしょう油煮

⇨ 食べやすいように薄くスライスします。
人参(1/4本)は短めの千切りにします。

味付け : しょう油(大さじ2)みりん(小さじ1)を入れて水気がなくなるまで煮詰めます。

・たまご 3コ


⇨ たまご3個分で厚焼きたまごを作り海苔の幅に合わせて四角くカット。お好みで甘くしたり、だし巻き卵風にしても美味しいです。

厚焼きたまごを作るのが手間なら、1個で作る普通の平べったい玉子焼きをクルッとまいて筒状にしてみるのもありです。(その場合は、太巻き1本につき玉子1個分の卵焼き)

かにかま  6本(お好みで)

⇨ かにかま2本で太巻きの幅ぴったり。お好みの厚さに割いたり、海鮮の風味が好きな方は、多めに入れてください。

・きゅうり  1本分

 お好みの太さにカット。彩りとして多めに緑を加えると綺麗に仕上がります。

・たくあん  (長いたくあん)

⇨ 四角形に長くカット。味と香りが強くて歯ごたえもあるので、お好きな方は多めにして食感を楽しんでください。

巻き方のコツ

まず、まな板の上に海苔より大きめにラップをひきます。

その上に海苔を置いて、

海苔より一回り小さく酢飯を広げます。

手前の端一辺に△の山を作って、その山の奥に具材を並べます。

横から見たらこんな感じです。

端に酢飯の山を作り、その横に具材を並べます。

手前の自分の方に山△があり、奥に具材がある感じです。こうすると具材が綺麗に真ん中に来てくれます。

それでは巻いていきましょう!

両手の人差し指と親指でラップごと海苔をつまみ、中指で具材を抑えながらギュッと一巻き。
両手で真ん中を抑えて、外側に向かってならします。

最後に、ラップを剥がすようにくるっと最後の一巻をして、もう一度全体をギュッと押さえて出来上がりです。

お好みの厚さにカットして、お醤油で召し上がってください。1本丸々で!という方は… 頑張ってください!

・スポンサーリンク

恵方巻きの由来

恵方巻きの『恵方』は、『福徳の神様が居る方角』のことです。

立春という季節の変わり目の前日(節分の日)に、

縁起の良い『恵方』に顔を向けて食べるので『恵方巻き』と言われています。

こちらの神様、年に1回移動するそう。だから毎年方角が変わるんですね。

福徳の神様は、財産と幸せを司る神様です。『恵方巻き』は元々、関西の浪速の商売人が神様の御利益がありますようにと食べ始めた説もあるそうで、『縁起物』として食べられていたと考えられています。

具材の由来

恵方巻きは『縁起物』なので、『七福神』に因んで『七種類の具材』を使うと良いそうです。

食材の由来や制限は、調べた限りありませんでした。

江戸時代の浪速の商売人の方々が、『福徳の神様』にあやかり『商売繁盛』を願って食べたのが始まりとも言われています。

そのため、昔から食べられている食材が使われている事が多く、

定番の食材では

  • うなぎ
  • たまご
  • しいたけ
  • きゅうり
  • かんぴょう
  • 桜でんぶ
  • 三つ葉

があります。

これらを海苔で巻くことで、『福を巻き込む』のだそうです。

ちなみに、お寿司を巻くときに使うときの『すまき』にも特に意味はありませんでした。

縁起の良い7種類の具材が巻ければいいので、おうちに無ければラップで代用しても問題なさそうです。

正しい食べ方の由来

『切らないで丸々1本食べる』『食べ終わるまでしゃべらない』と聞いたことはありませんか?

1本丸ごと食べるのは、切らないで食べるため。切ってしまうと『縁を切る』を連想してしまうから。

食べ終わるまで喋らないのは、神様のご利益を食べて口から取り入れているから。口を開けると福が逃げてしまう、という考え方です。

逆に『笑うと福が来る』ということで、笑いながら食べる人もいるそうです。

もともと『福徳の神様』にあやかる『縁起物』なので、人それぞれ好きな食べ方で楽しんで良いかもしれません。

1年ごとに居場所を変える神様なので、食べ方も一つじゃないよと許してくれる気がします(笑)

2020年の方角は?

ということで、今年の福徳の神様がいらっしゃる方角『恵方』は

西南西』です。

正しくは『西南西やや西』。

1本丸ごと食いに挑戦しよう!と思っている方は調べてみてください。ご利益がありますように!

最後に

私が子供の頃には馴染みの無かった風習ですが、すっかり店頭ではお馴染みになりましたね。

せっかくの縁起物なので、『節分の豆撒き』と一緒に子供たちと楽しみたいと思います。

笑う門には福来たる。皆さんの所にも、笑顔と福が来ますように。

🔻関連記事 〈〈【小麦粉ホットケーキ甘さ控えめ朝食にもおすすめですhttps://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/pancake-recipe/

🔻関連記事 〈〈【子供が料理好きになる声掛け〜3歳でも出来るお手伝い〜】https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/kids-cooking-like/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA