小学1年生のやる気・自信を持ち続けるための声掛けは?

私の住む地域では、11月に来年度入学する子供たちの、就学前健診があります。

そろそろ保育園でも、

もうすぐ卒園なんだね、小学校ってどんな感じ?という話題が多くなってきました。

🔻放課後の過ごし方に悩んでいる方は【学童ってどんな所?】もご覧くださいhttps://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/schoolchild-childcare/

入学式を前に

親御さんにとっても、生活リズムから自宅学習、友達関係など、今でとは違うフォローが必要になってくると思います。

それ以上に、子供たちと話をしていると、

「小学生になる!勉強がんばる!」と張り切ってやる気満々の子が多くて微笑ましいです。

ランドセル効果でしょうか、 入学グッズを一緒に選んだんだ!と嬉しそうに教えてくれます。

そのやる気、自信は、その子達によって大きく持っていたり、不安が勝っていたり様々だと思います。

不安にさせないために心掛けること

子供たちの口から『小学生になったら、』

というお話が出たら、

そうだね、楽しみだね』とプラスの言葉で支えてあげてください

1年生は、【自信】も【やる気】も満タン、

『自分は何でもできる!』と考える子が多いようです。(普段に比べると、です。)

そのやる気を、親の言葉で削らないのが大切です。

 

学校説明会で持ち物のルールを教えてもらうまで、揃えられない物も多いし、

短い期間で入学準備に追われて大変だと思います。でも、

『もう小学生になるんだから、』と言うより

『小学生になるんだね、何をしようか?』と

一緒に新しいルール作りを楽しんでみて下さい。

次の日の準備はいつしようか?とか、

ランドセルはどこに置こうか?とか。

自分で考えたルールは、

やる気満々の「もうすぐ1年生」には効果的です。

学校生活の始まり

1年生の始めは『学校生活に慣れること』が中心です。

自分は出来るんだ!』という自信を作ってあげる絶好の機会でもあります。

簡単な事でいいです、(あんな重いランドセル、もう自分で学校まで持って行けるんだね!とか(^^))良い所、出来た所を見つけてあげてください。

根拠になる【自信】を一緒に見つけよう!

ほんの少しの事でも、『できた!』という自信を作れれば、その自信はずっと心に残ります。

今は小学2年生の娘も、勉強でつまずきそうになったり、学校生活で落ち込んでいる時に

『去年の今頃、あんなにあった宿題も全部やって、自分で起きて学校の支度して、頑張ってるの知ってるよ、大丈夫だよ、』

と伝えると、嬉しいそうに『そうかなぁ…』と気持ちを持ち直してくれます。

自分で気持ちを立て直す力も、この先の学校生活を楽しくしてくれると思っています。

貴方は出来なかったことが出来るようになる子なんだよ、』と伝え続けてあげてください。

🔻他にも、遊んでばかりで心配…とお悩みの方へ【ゲームとの上手な付き合い方】をまとめました。ご参考になれば嬉しいです。https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/game-influence/

最後に

上の娘が卒園するとき、園長先生から送られた言葉があります。

『これからは、手ではなく「目をかけ、心を掛けて」あげて下さいね。まず普段の様子をよく見て、「いつもと違うこと」に気付けるようにしてあげて下さい。』

今までのお友達と離れてさみしかったり、

子供たちだけじゃなく私達「親」も、

新しい生活への不安でいっぱいだと思います。それでも、

大丈夫、自分なら出来るようになる!』

と子供たちが自信を持てる、

その子へ響く言葉を見つけられますように。

学校生活が楽しめるように、応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA