【3月2日】世界中で株価下落中の今、心掛ける事【投資家】

・スポンサーリンク

ここ数日、日本だけでなく世界中で株価の下落が起きています。

投資を始めて4ヶ月、先輩投資家さんのブログを読みながら、日々勉強させていただいています。

ネオモバのポイント運用で、投資に対する自分の心の動きを調べつつ

世界的な株価下落の今、初心者だからこそ

何に気を付けるべきか、これからの行動を改めてまとめました。

『狼狽売り』はしない

長期的な資産形成を目的としているので、株価が下がって慌てて売る短期売買はしないように気を付けています。

私の場合、『ここまで下がったら売却を考える』

いわゆる『損切り』は、買った時の4割減です。

4割減までいかないのに売却してしまうのは『狼狽売り』にあたります。

今のところ、ポイント運用の日本株式は2割減・つみたてNISAの米国株式は1割減に留まっています。

そうは言っても、積立てた金額が大きいとほぼ1割減はインパクトがありますね。

つみたてNISAでは、7万円の積立て額なのでマイナスも7000円で済んでいまが、

これが、マイナス〇〇万円… となると
ちょっと心臓に悪いです。

それでも『損切りのタイミングは4割減』で検討を始める自分ルールなので、

投資先自体に問題が無ければ、このまま淡々と積み立てを続けていく予定です。

🔻関連記事 〉〉【2月21日ネオモバ】日経平均株価が下落した時は【買い増し?売却?】 https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/nikkeiaverage-decline-buymore-sale/

『狼狽買い』との区別をつける

『狼狽売り』を避けるだけではなく、その逆にも注意が必要です。

『安い時に買って、高い時に売る。』

商売の基本でもありますが、

ここで思い出して欲しいのが

投資は余剰資金でやる』という鉄則です。

『下がってる今がチャンス!!』

と背伸びをして、投資用ではないお金を使って買ってしまうのが『狼狽買い』です。

今のような下落相場に備えて取っておいた、投資用の資金で買い増しするのは普通の事です。

自分の中で、この区別をきちんと付けておくことが大切です。

『狼狽買い』すると起こる事

狼狽買いをすると、何が起こるのでしょうか。

今のような下落相場に備えて、投資用に用意していた資金で買い増しをする場合。

『余剰資金』で投資をしているので、生活費に影響はありません。

でも、余剰資金を越えて投資に回してしまったら。

株価が下落して安くなるたびに『もっと安くなるのでは?』と止まらなくなり、

自分の許容範囲を超えたお金を使ってしまうかもしれません。

余剰資金では無いお金を投資に使ってしまって、いざ必要になった時に『手持ちのお金が無い!』と、

せっかく買った株式を売る事態になるかもしれません。

私も、今は買い増ししたい気持ちと戦っています。

ポイントのみで運用しているネオモバでは買付けをしました。

つみたてNISAの方は、『狼狽買い』になってしまうので我慢です。

3月には確定申告費用、車検も控えているのでこれ以上は出せません。

まさに『生活に影響が出る』ので狼狽買いしないように自分で決めたルールを見直しながら、『次の積立て資金の用意』が出来るまで、待機するつもりです。

スポンサーリンク

ルールは市場の状況で変えない

市場の状況ではなく、自分のルール・投資の目的で行動を選ぶことが大切です。

『株価が下がっている理由は何か』『そのまま投資を続けていいのか』

自分に問い掛けながら調べて、株価の上下に振り回されないようにしていきたいですね。


幸い、私はこの4ヶ月で株価の好調・下落を経験する事ができました。

今回のように、企業にはどうしようもない事態で株価の上下がある時は

『狼狽売り』『狼狽買い』しないよう

1番始めに決めた『自分のルール』を大切にしていきたいと思います。

最後に

投資を始めたい!と思った時、

余剰資金を作るためにたくさん考えました。

月々の支出の見直し、積立てに充てられる金額。

その結果が今の投資のバランスです。

こんな時だからこそ慌てず騒がず、長期の資産運用を実践している先輩投資家の皆さんのように冷静に行動したいと思います。

新型コロナウィルスの影響はまだ続いていますが、

いま分かっている確かな予防策

睡眠・栄養をしっかり取り、手洗い・うがい・消毒の基本を守って

皆さんがいつも通りの日常を取り戻せるよう祈っています。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

🔻関連記事 〉〉【30代自営業】『つみたてNISA』を始めるまでの道のりhttps://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/freshly-picked-nisa-start/

🔻関連記事 〉〉【積立投資】30代から老後のために、出来る事。【老後2000万円問題】https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/reserved-investment-thirty/

・スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA