【緊急事態宣言解除へ】ポジティブで周りを固めよう!

 

GWの本番。TVをつければ『壮絶な現場』に自粛ムードも関係なしの人のインタビュー。外出を制限されて、そんなニュースばかりで気持ちも塞いでしまいますよね。

 

そのままでは、心の健康も損なってしまうかもしれません。新型コロナのその先へ、日常に戻るまでの過ごし方の提案をしていきたいと思います。

 

 

感情を伴うニュースは目に入れないで。

 

 

正しい情報は、身に付けておくべきです。でも、そこに『感情』はいりません。

皆さんが、優しい人、自粛の意味を理解している人であればあるほど、常識のない人の行動に怒りを覚えるでしょう。

 

介護の現場や、医療の現場の様子をみて心を痛めるでしょう。

 

その感情から、支援をしよう、出来ることをしようと動く方がいるのも事実です。でも、自粛要請から2ヶ月。そんなに長い間、暗い話題で落ち込まない方が難しいです。

 

情報を手に入れるなら、データとして。

 

マイナスの感情が生まれないよう予防策をとって、自分の心の健康を守ることにも目を向けてみてください。

 

 

自粛ムードだからこそ、情報の選択を。

 

ニュースだけでなく、SNSでも消耗してしまう方も多いのではないでしょうか。

 

誰だって、たまには感情を吐き出したいときもあります。でも、吐き出した直後はスッキリしても、頭の中にはマイナスの感情が積もります。

  

そんな時は、最後に気持ちが軽くなるもの、自分の好きなものを用意してから、吐き出してください。

いまの状況では、周りの感情的なニュースはあなたのエネルギーを奪うばかりです。

 

身の内に入れる情報を選択して、どうか、ネガティブな感情に引きずられませんように。

  

 

『なにも出来ない』と落ち込まないで。

 

緊急事態宣言が出ていても、私のような一般人に出来ることはほとんどありません。同じように思う方多いのではないでしょうか。

 

でも、『なにもしない』ことで、負担の減る現場があるのも事実です。

 

皆さんが感染しないよう心掛けている行動こそ、1番の『自分に出来ること』だと自信を持ってくださいね。

 

 

一店員として、皆さんの優しさに感謝を。

 

 

私は、自粛要請から5月の現在まで、週1〜2回だけですが飲食店で働いています。

 

店内は落ち着いているものの、テイクアウトが物凄いことになっています。

 

電話予約で大量注文、ウーバー、出前館の注文。お店の人数を増やしても、終わらない仕込みに鳴り止まない電話に皆、疲れています。

 

そんな時、店内を利用するお客さんの多くが、『ありがとう』『ごちそうさまでした』と声を掛けてくれています。

 

その一言で、頑張れることがあります。少しの気遣いが、とても嬉しいです。

 

の場を借りて、みなさんへ感謝の言葉を伝えさせてください(*^^*)

 

 

最後に

 

 

新型コロナとの戦いも長期戦。先が見えない日々にストレスも溜まるなか、ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

『元気を出そう!』と無理をしているなと感じたときは、自分の好きなもの、心が温かくなるものに囲まれてみてください。

 

いつもの日常が戻ったときに、心も体も健康でいられますように願っています。

 

2020.5.3

 

 

 

◎ 関連記事 〉〉【コロナショック】今からでも出来る資産形成の第一歩

 

 

 

◎ 関連記事 〉〉【子育て】・【資産運用】を同時にした方がいい2つの理由

 

 

◎ おすすめ記事 〉〉【ネットで在宅ワーク】『向いてない』は思い込みかも?【挑戦することが最重要課題】

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA