寝かしつけ方法【2才児・低学年】〜寝たフリ・気配を消すべし〜

我が家では、平日は2才の息子・小学2年生の娘を1人で寝かしつけをしています。

毎日『早く寝てくれ〜、夜の貴重な時間が減る〜』と念じながら(^_^;)

イヤイヤ期の息子と、朝の弱い小学2年生の娘に寝てもらうため、

今の所はこの方法で毎日乗り切ってます!というのをまとめてみました。

寝てくれないと焦る〜その理由は?

朝の時間の過ごし方への影響

まず、朝の目覚めが全然違います。

保育園児は、園でお昼寝が1時間半〜2時間あるので、1日の睡眠時間をなんとか確保できているのですが…

小学2年生の娘は、さすがに朝が辛そうです。

特に、起きてすぐはご飯を食べる気にならないので、家を出る直前に食パンやお握りを一口…  なんて朝が多いです(-_-;)

娘の学校には登校班があって、近所の子供達と一緒に登校しています。

この班の集合に遅れると、保護者が学校まで送るという決まりのため、

仕事のある日は遅刻するんじゃないかとイライラ。娘も眠くてイライラしています。

それでもやっと出発!という時に限って

『うんちでたー!!!』

『こぼしちゃたー!!お着替えするー!!』と騒ぐ2才児もいて…

夜の過ごし方が、思いっきり朝に影響しています。

朝を気持ち良く過ごすためにも、

家を出る1時間前には、すっきり目覚めていて欲しいところです。

ちなみに、7時35分には家を出て集合場所に行きますが、ソファに移動するものの目を開けるのが7時過ぎ(^_^;)

いつもギリギリ夜10時に寝ているので、9時間は寝ないと身体の調子が出ないのかもしれません。

まずは寝る時間からの見直しですね(^_^;)

健康への影響

睡眠不足は風邪の元。

子供が2人とも保育園に通っていた時は、1ヶ月間の夏休みも関係ありません。

お盆休みの1週間ほどなら、あまり睡眠不足の影響は感じなかったのですが、

去年の夏休み、お祭りやお出掛けで寝る時間が遅くなる日が続いた時の事です。

子供たちは、いつもと違うお楽しみがいっぱい、興奮してなかなか寝付けません。

私達も『夏休みだし、たまにはいいか…』と夜11時過ぎまで起こしてしまっていました。

夏の暑さでたくさん遊んで、体力をたくさん使ったのに寝不足ということに…

次の週には、当然2人とも体調を崩してしまいました。

暑さと発熱で食欲も落ちていたので、治るのも遅いです。風邪が元で、さらに生活リズムは崩れて悪循環になってしまいました。

仕事への影響

生活リズムの乱れで一度体調を崩すと、

疲れと発熱で食欲も落ちて、治るのも遅くなります。

去年の夏休みには、結局、ほぼ1週間近く仕事を休むことになってしまいました。

仕事を休んで(飲食店なので、繁忙期に仲間に迷惑をかけるという落ち込みと…)、

高熱で辛そうな子供の様子を見ていて、

まさに睡眠不足は風邪の元。

きちんと睡眠を取ること、生活リズムの大切さを実感することになりました…。

我が家の寝かしつけ〜その① 寝るまでの過ごし方

2才の息子・寝る前の準備

メインはイヤイヤ期、2才の息子をどう早く寝かし付けるかです。

特に寝る前になると、

この時期に特有の「こだわり」が顔を出します。ほぼ毎日の事なので、寝る前の儀式みたいなものです(^_^;)

例えば、お布団に入っても、

・3回以上は麦茶を飲みたがるので、枕元に麦茶を常備。気が済むまで飲んでもらう。

・何回もリビングに人が居ないかチェックしたがるので、

動き出す気配がしたら『はい見に行きますよー』と率先して見に行く、などなど。

とにかく先回りして、プロデュースして行きます。

そうこうしているうちに、満足するのと、疲れるのとで、眠たそうになってきます。

イヤイヤ真っ最中の息子の場合、

キリがない時は、大体の平均の数をこなしたら「これで最後だよ〜」とお約束して、

思いっきり最後の1回に付き合って、泣いても騒いでもスッパリ終わらせるようにしています。

一通りの『満足感』をいかに早く満たしてあげられるか!がポイントです。

寝る前の準備が終わったら?

2才の息子の寝る前の『儀式』が終わって満足したら、(まだ物足りないようでも、「最後の1回!」を済ませたら、)

その後は、ひたすら寝たフリです🙂

どの動きが子供たちの興奮スイッチになるのか分かりません(日替わりで変わるので本当に困ります😅)、

『無視をする』だと真似をすると困るし、傷付けてしまうかもしれないので、

あくまで寝たフリ、『もうお母さん眠くて体力の限界、だから相手をしてあげられないんだ…』という風を装います。(これ本当に限界の時が多いんですが…)

とにかく『大きな反応をしない』のがポイントです。

きょうだい(小学生)の寝かしつけ

やっと息子が寝そうかな?と思っても、

小学生のお姉ちゃんの動きで振り出しに戻る時があります。

そんな時は、お互いが視界に入らないように離すか、

ある程度まで「本日は終了しました!お休みなさいませ〜」と付き合ってまた『寝たフリ』をします。

お姉ちゃんには『寝たフリ』=『寝てもらうためのフリ』とバレていますが、

「寝る時間に、遊び相手をしてもらうのは違うよ。」という意味も込めて、大きな反応を返さないようにしています。

寝ている人の邪魔をしない、自分が眠くなくても静かにする』ということを覚えてもらいたいので、

お布団では、下の弟の遊びにも付き合わないように言っています。

ただ、弟が寝た後にまだ起きていたら、

少しだけ声を掛けたり(お姉ちゃんのおかげで早く寝れたね、とか)娘だけに腕枕をすると喜んでくれるので、

小学生のお姉ちゃんにとっては

少しでも、お母さんと自分だけの時間を作ってあげるのが、1番良い寝かしつけ方法なのかな?と思います。

我が家の寝かしつけ〜その② パパの帰宅時間別

寝る時間に重なるのが、パパの帰宅時間。

タイミングによりますが、子供たちの寝かしつけには、パパの協力も必要です。

寝かしつけ途中にパパが帰宅パターン

1番困るのが、パパの帰宅がお布団に入る・そろそろ寝るかな〜というときに重なった場合です(笑)

子供たちにとって、パパはレアキャラ。

目が閉じかけていても、カギを開ける音で『パパだー!!!』とガバッと起きることも。

毎回、『この時間が過ぎたらとにかく!

静かに入ってきて、子供たちを興奮させないで』と約束してるんですが…

毎回忘れてしまうみたいです((・_・)

むしろ、『もしかして起きてるかな⁉ お話できるかな⁉』と期待している気がします(^_^;)

こんな時は、一通りお帰りなさいをして、

『大人は気配を消して静かに去りましょう』ということにしています。

もちろん逆の場合、パパに子供たちを任せて、お昼寝中に自分が帰宅する時もこのルールを守るようにしています(^_^)

寝かしつけ前にパパが帰宅パターン

お布団に入る前に帰ってこれれば、

皆で一緒にお布団に入って、

子供たちが寝るまで静かに過ごします。

寝た事を確認してから、パパだけご飯を食べるのに起き上がります。

この時に熟睡していないと、パパの『そろそろご飯食べてくるね、バイバイのタッチいるかな?』の小声でまた起きてしまいます。

問題は、どうしてわざわざ声を掛けるのか(笑)

どんなに小声でも、完全に眠った時以外、

だいたい起き上がります。そしてタッチ、それが子供たちの興奮スイッチになることも。

子供がイビキをしながら熟睡してる時も、必ず声を掛けているのでわざと起こしている訳じゃないそう。

なので、『手振りだけでいいから声は掛けないで静かに!』とお願いしています(笑)。

まとめ

毎晩の流れをまとめると、

寝る前の準備を済ませたら、

・『寝たフリ』で大きく反応を返さない

・子供たちの起き上がるスイッチ(興奮スイッチ?)を押さないように

・こちらからも働きかけないよう

・『大人は気配を消して静かに出入りする!』

こうして寝る雰囲気作りをするまでが、我が家の寝かしつけになります。

最後に

長い時には1時間半以上かかることもある寝かしつけ、毎晩『まだ寝てくれないのか〜』と思いながらですが、

文章にまとめることで、冷静に見つめ直すことが出来ました。

本当は、育児雑誌や教育者の方もオススメするように

『早寝早起き』で『絵本の読み聞かせをしながら寝かしつけ』、なんてしてみたかったんですが…

毎日毎晩、絵本を読んであげる元気だったり、寝るまで優しく見守る気力もないので、我が家なりの方法に落ち付いています。

生活リズムや習慣付けの改善は、いつからでも遅くないはずです。

これからも、子供たちの健康のため、自分のためにも良い方法を探し続けようと思います。

忙しい朝とはまた違う、1日の疲れと眠さで辛い時もある寝かしつけですが、

子供たちが自分の力で眠れる日まで、寝顔を楽しみながら一緒に頑張っていきましょう。

今日も1日、本当にお疲れ様でした。

明日の皆さんの1日も、笑顔で過ごせますように。

🔻他にも、遊んでばかりで心配…とお悩みの方へ【ゲームとの上手な付き合い方】をまとめました。ご参考になれば嬉しいです。https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/game-influence/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA