【ネオモバ】ポイント運用だから出来る学び方(銘柄2つで勉強中)

・スポンサーリンク

2019年10月から、投資を始める前勉強として【ネオモバ】を利用しています。

 

主に、株価に左右されないメンタルを鍛えるためという方が正しいかもしれません(笑)

 

いきなり現金で株取り引きはちょっと…という方へ、私が【ネオモバ】を始めた時の動きをまとめてみました。

 

ポイントだけ(※)で出来るなら始めてみようかな、と思うキッカケになれば嬉しいです。

 

※手数料は月220円(税込)。Tポイントが月200ポイントもらえるので、実質20円は持ち出しになります。

 

 

おすすめは『定期買付け設定』

 

『定期買付』は、自分で決めた日に、指定した金額・もしくは株数を自動的に買付けしてくれるサービスです。

 

一度設定してしまえば、放っておけば淡々と買付けしてくれるので便利です。

 

ただ、1ポイントでも足りなければ買付けは出来ません。

 

そのため、『買付けするためのTポイント(もしくは資金)』が足りるよう注意しておく必要があります。

 

実際、私は2020年2月1日のYahoo!JapanカードのPayPayTポイント付与の終了を受けて、『定期買付け』設定の見直しをしました。

 

毎月入るTポイントに合わせて『買付け金額』を設定していたので、危うく買付け実行されない所でした。

 

 

🔻関連記事 〉〉【Yahooカード】PayPayチャージ・決済のTポイント付与終了。(2020年2月1日分より)https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/pay-pay-point-imparting-method-end/

 

せっかく【ネオモバ】をダウンロードしても、初めは途中で飽きてしまったり、気が付いたら数カ月放置だった!なんてこともあるかもしれません。

 

それでも使っているのが余ったTポイントなら、自分のお財布は痛みません。

 

とは言っても、その『株』は本物です。

 

自分のポートフォリオを見て、株価の値段を見るのもなかなか楽しいですよ。

 

この余裕が持てるのも、元手がかかっていないからこそだと思います。

 

 

銘柄① 『りそな銀行』初めて買った株

 

初めて買付けしたのは、『りそな銀行』1株です。

 

1ヶ月に使えるポイントが1000ポイントだったので、『500円』ワンコインで買える物を探して見つけました。

 

『りそな銀行』に決めた理由は、

 

・毎月入るポイント内で確実に買付けが出来ること。

 

・住宅ローンでお世話になってるので、馴染みがあること。

 

・銘柄を比べて悩み過ぎるより、まずは始めてしまおう!ということで即決でした。

 

今のところ、9株分持っていて平均取得単価466円、評価額はプラス3円です。

 

持株が少ないので、こんなものです(笑)

 

 

銘柄② 『西松屋』高値掴みを経験する

 

あとは、高値掴みをしたと思われる『西松屋』をどうしようかと考え中です。

 

【ネオモバ】開始時は、Tポイントが余っていたので少し高値の株も覗いてみました。

 

そこで見つけて、単純に好きだからポチッとした『西松屋』。

 

買付けした時は1株1004円。

 

その後は930〜980円をうろうろしています。

 

どうやら1000円超えは高かったようです。
ポチッとしてから、株価評判を調べました。

 

順番が違いますよね。反省です。

 

教訓のため、手放さずに株価が下がるのを待ち、買い増しで平均取得株価を下げる方向にしました。

 

今のところ、平均取得単価988円まで下がりました。

 

私にとって【ネオモバ】で損をするのは『ポイントが減った』というだけです。

 

なので、損の許容範囲を超えない限り売却は考えていません。

 

 

 

 

ポイント運用だから出来る学び方

 

ポイント運用だから出来る学び方として、

どこまでの損なら許せるのか。

 

『自分の損の許容範囲を知る』ために、お財布に優しく続けられるのは大きなメリットです。

 

それぞれの株価の様子を見ていける余裕が持てます。

 

ついでに、見慣ない投資用語(約定〇〇とか拘束資金がどうとか)に慣れることが出来るのも嬉しいメリットです。

 

普段使わない、難しそうな言葉は面倒くさくなりがちなので、慣れてしまった方が続けやすいかなと思います。

 

 

最後に

 

高値掴みをしたと思われる『西松屋』は、教訓としてそのままに。

 

ついでに言うと、株主優待は気にしていません。

 

私が目指しているのは配当金からの『未来の不労所得』です。

 

(年金支給年齢まで配当金は再投資するので、『未来の』と付けています)

 

資産を育てるためには、『時間を掛けてコツコツ積み立てる』のが一般人に出来る優しい方法と思っています。

 

【ネオモバ】を入り口に勉強を始めて、

致命的な痛手を負わずに、20年、30年の長期的な運用を続けていきます。

 

そのために今出来ることを少しづつ。

 

今回の記事が、何かを始めるキッカケになれれば幸いです。

 

同じように努力を続ける皆さんに、明るい未来がありますように。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

🔻関連記事 〉〉【ネオモバ】【つみたてNISA】を始めるメリットhttps://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/reserved-investment-benefits/

 

🔻関連記事 〉〉【積立投資】30代から老後のために、出来る事。【老後2000万円問題】https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/reserved-investment-thirty/

 

 

・スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA