保育園・0才用のお弁当〜おかずその①〜

0才用のお弁当は、月齢によって食材の固さ・大きさが全く違います。

おうちで離乳食を進める時もですが、市販の離乳食の表記で、月齢と食材の確認をしていました。

子供の食べる様子をみても、食べない理由が『味』なのか『やわらかさ』なのかよく分からなかったからです。食材の調理の目安として、とても参考になりました。

息子の通っていた保育園では、給食室の設備がないので、毎日お弁当を持って行きました。

お弁当に入れるのが多かったのは、

  • あんかけうどん
  • お豆腐ハンバーグ
  • さつまいものお団子
  • ジャガイモのお焼き
  • ポテトサラダ

です。そのうちの1つ、

主食の『あんかけうどん』のストックの作り方です。

市販の玉うどんを月齢に応じてカットして、1食づつ冷凍に。

あんかけの具は、 

片栗粉に出汁・しょう油で味付けした具なしのあんかけを多めに作ります。

そこに、細かくした野菜・ほぐした鮭、溶き卵を混ぜたもの等、バリエーションをいくつか用意します。

これを1食づつラップに包んだあんかけに混ぜて、冷凍しておきます。

お弁当に入れる時に、

うどんとあんかけ、あんかけの具を、好きな組み合わせで解凍して混ぜ合わせれば、日替わりで色々な味が楽しめます。

具だくさんにすれば、おかずもあまり必要ないので、お弁当に入れるには助かるメニューでした。

次回はおかずの作り方をまとめていきたいと思います。お弁当の負担が少しでも軽くなりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA