【頼ってもいい】優しい子育て【子供に大変な姿を見せてもいい】

自己紹介

『親として、もっとしっかりしないとなぁ』と落ち込んでる時に、お笑い芸人のEXITさんの記事を読んで、とても励まされました。

派手な髪色で見た目はチャラいけど、人の良さが出る漫才が面白いEXITのお二人。

そんなEXITの兼近さんは、ベビーシッターの経験もあるそうです。

【大変な姿】を見せていたお母さんの影響

EXITの兼近さんのお母さんは、子供にも『大変だ!(生活とかお金とか)』と言っていたそうです。

お酒が入った時とはいえ、小学生に向かってそこまでぶっちゃけるのは…

大人目線で見ると、『子供が可哀想』とか、『子供に心配させてみっともない』という意見もあるかと思いますが、

子供の兼近さん側からすると

『お母さんを助けたい』

『どうすれば助けてあげられるのかな?』と思っていたそうです。

【思いやり】が育った理由

自身から『助けたい』と人を思いやる心が育ち、世のお母さん、お父さんに『子供が生まれるときに、親も一緒に生まれる』『頼ってもいい優しい子育てを』という言葉で励ましてくれる、そんな優しい息子さんになったのは、

自分の大好きな人が大変な所を見てきたから。

お母さんを助けていく中で、他の大人達とも接して、『大人も子供と一緒なんだ、大人でも困るんだ』と気付いたそうです。

子供たちに『自分のせいで』とか、『自分が我慢すればいいのかな』と思われる危険もあるので注意は必要ですが、

『頑張りすぎて疲れてる』時くらいなら、正直に子供たちにも話して、そんな姿を見せてもいいのかなぁと思います。

大人のそんな姿が『気付き』に繋がって、思いやりが育つこともあるんですね。

甘え過ぎには注意!?

子供たちの中にある、優しさの芽はとても尊いものだと思います。

兼近さんのように、その優しさが育って、周りの他人と良い関係を築けるような人になって欲しいです。

とはいえ、『家族だから』と甘え過ぎになりそうな場合は要注意です。いわゆる『毒親』になるかならないか。

その辺りのさじ加減も、子供の性格や家族の許容範囲それぞれです。

皆が過ごしやすい雰囲気の中で、肩の力を抜いてのびのび過ごせる形を見つけられるといですね。

🔻関連記事 〉〉言い続ける事に疲れたら。小さい頃の習慣づけは無駄じゃないんだなぁと思ったお話です。https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/fromayoungage-custom-notwaste/

🔻関連記事 〉〉【2歳のイヤイヤ期の対応】心の持ちようで、自分も辛くならないように。実践してきたことですhttps://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/terribletwo-hawtospend/

🔻関連記事 〉〉【3歳からのイヤイヤ期・言ってほしくない言葉が出てきた時の対処方】https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/child-speaks-badly/

最後に

頼りない大人が側に居ると、しっかりした子に育つ?というような説はよく聞きますが、

確かにうっかりの多い私の姿を見ているせいか、娘はちょっと口うるさいしっかり者に育っている気がします(笑)

親として、どっしり構えておくのも大切だけど、

子供たちが少しづつ大きくなるのに合わせて、助けてもらう部分があってもいいんじゃないかなーと思います。

どうしても『子供にそんな姿を見せたくない!』という方ももちろん居ると思います。

ただ、頑張りすぎてる方が『親として、もっとしっかりしないとなぁ』と落ち込んだ時、

肩の力を抜いて、少しでも元気になれますように。

皆さんが明日も笑顔で過ごせるようにと願っています。

🔻関連記事 〉〉子育て情報を見るのに疲れて、不安で悩んだ時子育て論はつまみ食いするくらいの気持ちで】眺めるのがちょうどいい。https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/childcare-worry/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA