子供のスマホゲーム課金を防ぐ【3つの考え方】

小さい頃から親のスマホアプリで遊んでいたりと、使いこなしている子も多いスマートフォン。

小学生になると、自分のスマホを持たせるご家庭も多いと思います。

そんな時に心配になるのが、スマホゲームへの課金。

トラブルになる前に、子供たちに身に着けて欲しい考え方をまとめました。

①『なんとなく押す』をしない

なんとなく、で『Yes』『進む』『次へ』を押さない。

分からないものには『NO』を選ぶ癖をつけるように、声掛けをしてあげてください。

『なんとなく』先の画面に進んでトラブルになることは多いと思います。

パスワードやフィルターを掛けていても、大人の操作をよく見ています。親が思うより使いこなせると意識しての注意が必要です。

②先へ進む前に立ち止まる

娘が小学校低学年の頃、ゲームの課金画面を開いていることがありました。

『お金を使って遊ぶのは許していないよね?』と聞くと、

『よく分からないけど、進んで行ったらこの画面になった。』という答えです。 

低学年や、まだ小さいうちは漢字が読めない・英語だったりで、画面の進む方を選んでしまう場合もあります。

分からない物は押さない、そのまま進まないで聞きにくるように声を掛けることも大切です。

③スマホゲームを禁止にする?

スマホゲームやアプリ自体を禁止にするのは、難しいだろうなぁと感じています。

小学生でスマホを持っているのが当たり前になりつつありますし、共働きでは防犯上やっぱり必要な物です。

いずれ手に入れるのが分かっているので、

保護者と素直にコミュニケーションの取れる低年齢のうちに、使い方やメリット・デメリットを話し合うことが、子供たちのためになると思います。

もし、保護者の方もゲームやアプリを楽しめる環境なら積極的に利用して、話し合う機会を多く持ってみてください。

子供たちも、自分の好きな事を一緒にた楽しんでくれたら、より耳を傾けてくれると思います。

🔻関連記事 〉〉【子供がゲームばかりして心配】上手な付き合い方を考えるhttps://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/game-influence/

最後に

私と違い、生まれた時からスマホがある環境で育つ子供たちに、

これから何が起こるのか、よく目と耳をこらして、その成長を手助け出来る方法を考えていきたいと思います。

同時に、本当に好きな物、大切だと感じた事には自信を持って、お金を払って楽しんで欲しいとも思います。

でないと、楽しかったはずのゲームの時間を後悔したら『ほんとに無駄な時間』になってしまうからです。

遊ぶなら思いっきり。

まだ、私たち保護者が背中を守ってあげられる間に失敗を経験して、

子供たちが、自分をコントロールする力を身に着けてくれるように願っています。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

🔻関連記事 〉〉【定年は70歳】お金との付き合い方【小学生の反応】https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/retirement-age-seventy/

🔻関連記事 〉〉小学1年生のやる気・自信を持ち続けるための声掛けは?https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/firstgrader-motivated-call/

・スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA