夏休みの宿題と作品作りは、親にとっては忍耐との戦い!?

自己紹介

小学2年生、去年の夏休みと合わせて振り返り、実感したことです。

習慣作りの大切さを実感

今年の夏休みももう間もなく終わります。

小学1年生の初めての夏休みは、どう過ごそうか、夏休みの宿題が無事に終わるかハラハラしましたが…

小学1年生の宿題は、まだ入学して3ヶ月と少しの内容の振り返りが中心です。学校から出されたワークのページ数は多くても、毎日の勉強の習慣付けをする目的で進めるのにはちょうど良い量でした。

入学前から練習をしていたり、習い事や宿題で毎日、勉強をする習慣付けが出来ているのならそのままのリズムを崩さない事が大切です。

夏休みで油断して習慣が崩れてしまうと、そこから立て直すのは、とっても苦労します。それは生活習慣も同じですが、

小学2年生、2回目の夏休みで実感しました…。

大人の忍耐を試される夏休み

学校が休みに入る前は、お家に帰ってからのパターンが決まっていたので、自分で宿題をやり始めることも多かったんですが、

夏休みに入ると、『宿題は?』の声掛けがないとうっかり今日の分まだやってない!と夕方に慌てることが多くて…

学校に行っている時と生活リズムが違うので、こちらもうっかり今日は宿題している姿を見てない!?と慌ててしまいました。

1ヶ月分の宿題は、やっぱり少しづつ進めないと大変です。

でも、毎日少しづつ、を見守るのも、大変です。

つい、どれくらい進んだかな?ちゃんとやったのかな、問題合ってるのかな?と気になって口(時には手も。)出したくなってしまいます。

私はそれでよく、『私は自分でできるよ!』と娘に怒られてしまいました(反省)

作品作りでも、うちわ作りや絵はがきを書いている時、ついもっと飾りつけなくていいの?ここ塗ってないよ?と口を出して…

子供の作品、 自分の思う通りに作るのが宿題なんだから、気になっても見守って、そのまま受け入れないといけないんだ、と改めて思いました。

見守ることが大事!?

あくまで『子供たちに向けて出された問題、自分の力で取り組まないと、意味がない』ということを心得て、

こちらも忍耐力をフル活動させて、見守っていこうと決意した夏休みでした。

最後に

全国の小学生をもつお母さん達も、長いお休みで3食ご飯の準備やお出掛け、お疲れさまでした。宿題をがんばる皆さんも、新学期からまた学校生活楽しんでください! 

🔻遊んでばかりで心配…とお悩みの方へ【ゲームとの上手な付き合い方】https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/game-influence/

🔻関連記事 〉〉小学校で習慣付けたいこと【提出期限を守る】https://kosodate-kosodachi-zibunsodachi.com/elementary-school-keep-promise/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA